刻印は責任の証し

 刻印は、鋼に印鑑のように逆さに銘などを刻み、焼入れした物のことだと思います。
まさに鋼の印鑑そのものですが、私どもは、棒状になったそれの後ろ側を鎚で打って
写った柄を「刻印」と言っています。

「落款」とか「銘」とか、あるいは「署名」「サイン」と同義でしょうか。

錫の場合、製品の底に当たる部分に、刻印を打ちます。
屋号であったり、作者の号であったり、素材名を入れたりします。

書や絵画の場合、大抵これで完成というところで最後に「落款」や「サイン」を入れますね。
錫の場合は途中の工程で、先に「刻印」を打っておかなければなりません。

これってなんか変な気がしますよね。よし終わり!ってとこでボンと押すのが決まりがいい。

いつだったかテレビ取材で、刻印打ってそこで「完成です」って言って下さいと言われました。
刻印打って完成じゃないのに無理やり言わされて、何か嘘付いてるみたいでやだなあと。
後で何度繰り返し見ても、なんか気持ちが入っていない感じがアリアリとしてねえ。

良く考えれば、いつの間にか慣らされちゃったというか、確かに最後にボン!の方がいいわあ。
錫の場合も、完成してからよしっ!てんで、刻印打ってると思っている人多いでしょうね。

でも、途中でだからって、決していい加減に「刻印」打ってないですよ。
やはり、屋号や号が入りますので、どこで作ったかが一目瞭然でしょ。
私どもとしては、一貫してこの工房内で手作業で作り上げたものということ、
その時に出来ることを確実にひとつひとつ丁寧にこなして仕上げるということ、
もろもろそういった責任の証しとして「刻印」を打っているんですね。

ですから、最後によしっ!ボンではないんですが、ご勘弁願いたいものです。


ところで先代の光山は、刻印を2つ使い分けていました。「本錫・錫光」と「光山造」です。
前者は伝統的な定番商品、後者は自ら考案した商品や特注品です。
品質に差はありませんでしたが、若干の思い入れの差はあったのかもしれません。

現在基本的に「光山造」は、封印しています。馴染みのお得意様であんたもう光山で作ってよ
という場合のみ、工房に掲げる先代の写真を仰ぎ見ながら作らせていただくのみです。

そして実は最近新しい「刻印」を作製しました。

HPのリニューアルやロゴデザインでお世話になったコルザデザインの野原さんに
お願いして刻印用のものをおこしてもらい、それをもとに作りました。

懐素という8世紀は中国唐代の書家の文字で錫と光が回転したデザインになっています。

「光山造」は基本的に暫くは封印。
「本錫・錫光」は、伝統的な定番商品。
そして新しく作った「錫光マーク・suzukou」は、今の生活に合うような商品。
といった大雑把な使い分けをしていこうかと思っています。







2009年後半の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATIONのまとめ第6弾。2009年の後半です。

2009/12
「くにまるワイド ごぜんさま〜」(文化放送)
日本の匠コーナー
に生出演させていただきました。

2009/12
「贈りもの歳時記」平松洋子著(主婦の友社)
P.81に燗酒器の「タンポ1.5合」を紹介していただきました。


2009/11
「d design travel」HOKKAIDO(D&DEPARMENT PROJECT)
P.101埼玉で、鉄道博物館と一緒にUZURAIを紹介していただきました。


2009/11
神楽坂フラスコ「江戸の寿ぎ−2010−」(江東区伝統工芸会)
小山織さんの紹介で小山酒造さんにお酒を協賛して頂き、「器で変わるお楽しみ」イベントを開催。

2009/11
「ナガオカケンメイとニッポン」(発行・創美社/発売・集英社)
錫光についての記事をを掲載していただきました。(P.379〜P.383)
   

2009/10
ステップアッププログラム講演会(埼玉県立川口工業高校)

2009/07
「クロワッサン No.761」(マガジンハウス)
日本の良品を探す。
時代が変わっても、いいモノは伝えていきたい。(P.36〜39)


2009/07
「家電批評Vol.5」(MONOQLO8月号増刊・晋遊舎)
ビアマグ(ツチメ)を紹介していただきました。


2009年は前後半を通じ、人前でお話しさせていただく機会を多く与えて頂きました。
地元川口の工業高校の1年生を対象に講演させて頂いたり、締めくくりに、
ラジオの生放送に出演するご縁をいただいた事も最初で最後の体験かもしれません。

11月の展示会の折、小山織さんにご実家の小山酒蔵をご紹介して頂きました。

それにしてもこの年は、ナガオカケンメイさんのところに随分とお世話になりましたね。



2009年前半の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATIONのまとめ第5弾。2009年の前半です。

2009/06
「STORY 7月号」(光文社)小さなものから替えてみよう75
一口ビールSuzukazeとビアマグ(ツチメ)が掲載されました。
    

2009/05
NIPPON VISION 2 GIFT 東京展 Special Event2
「職人による実演とナガオカケンメイとのトークイベント」に出演

2009/03
47都道府県からの贈り物 NIPPON VISION GIFT
UZURAIが、埼玉のギフトに選ばれました。    → 埼玉ギフト動画
   

2009/02
「仕事はつらくておもしろい−職人がものづくりにこだわる理由−」
技能振興シンポジウム出演 (埼玉県立川口高等技術専門校)

2009/02
テーブルウェア・フェスティバル「暮らしを彩る器展」販売ブース出展

2009/01
GALLERY anima 「江戸7人の職人展」(展示監修:喜多俊之氏)



この時は、人前でマイクを持ってお話させていただく機会が3回続きました。
滅多にない良い経験で、私自身は良い勉強をさせて頂きました。

2月頃には、新シリーズとして「COSMOSシリーズ」を出しました。
名付け親は当時小5の長男です。なかなか良い命名ではありませんかね?

2008年の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATIONのまとめ第4弾。2008年です。

2008/12
JFN全国放送ラジオ番組「匠のことば(山田広野氏)」に出演

2008/12
伊勢丹新宿「かたちとわざのリビングコレクション」(ホスト小山織氏)

2008/10
ヒストリーチャンネル 「職人の道具」に出演
(10/1〜31 月〜金曜日 21:54〜59 全5話を繰り返し再放送)

2008/03
「スーベニール 東京展」 清澄庭園内 料亭 (江東区伝統工芸会)
  
2008/02
テーブルウェア・フェスティバル「暮らしを彩る器展」販売ブース出展



この年は自分たちを取り巻く環境がにわかに変わりつつあり、
その対応に追われた年だったと思います。

錫器事業協同組合に加盟して、新基準をクリアする錫地金への対応、
新しい技法への挑戦など、積極的に取り組みました。

この年の終わりに小山織さんと再会できたのは大変ありがたかったです。
これより8・9年前だったと思います。まだ父の存命中に当工房へご来訪いただき、
NHKのおしゃれ工房に錫製品を紹介して頂いて以来でした。

この後、小山織さんに、展示会のことでお世話になることになります。


2007年の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATIONのまとめ第3弾。2007年です。

2007/12
季刊ふでばこvol.13に掲載
「触れてよし、味わってよし錫でできた酒器『ちろり』」

         
2007/09
江戸意匠 GINZA HANDS EXHIBITION (マロニエゲート東急ハンズ)

2007/06
くらしの知恵(共同通信社) 「変わる街、変わらぬ錫師の手技」



2007/03
江戸意匠Vol.01 (六本木ギャラリー ル・ベイン)商品発表展示会

2007/02
第25回朝日現代クラフト展 「漣〜sazanami〜」 入選


2007/02
テーブルウェア・フェスティバル2007「暮らしを彩る器展」出展



前年から色々と新たなチャレンジをして自身のスキルアップに努めましたが、
ひとつの成果として忘れられないのは、「江戸意匠」です。
多くの異業種の職人さんや多くのデザイナーやアーティストと交流を持てたことは、
錫光の進む方向性を決める上でも、少なからず影響があったと思います。

また、新たに考案した作品で朝日現代クラフト展に入選したことは大きな励みとなりました。

2006年の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATIONのまとめ第2弾。2006年です。


2006/12
SKIPシティ第3回コンテンツ活用講座
「職人のこだわりと誇り」〜川口・職人 仕事にかける思いを語る〜

2006/08
NHK「首都圏ネットワーク 技を極める」(8月28日)出演

2006/07
婦人画報7月号「見つけました。掌の名品」にぐい呑み掲載(下段中右)
 
2006/02
テーブルウェア・フェスティバル(東京ドーム)デザインコーナー出品


前年は大きな転換の年で、ややもすれば後ろ向きになりそうなところ、
有難いもので不思議と新しい出会いが舞い込んで参りました。
異業種の職人さんやプラダクトデザイナーさんとの出会いなどです。

2006年は、そういった出会いが少しずつ実を結んでいく過程の年だったと記憶しています。

出来事としては、「NHKテレビ出演」と「講座の講師」という幸運に恵まれ、
今までの自分を振り返ったり、ひとつの区切りをつけるきっかけとなったことに、
感謝したのを覚えています。


      

2005年の出来事

 錫光公式サイトTOPページのINFORMATION、ずらずらと長くなってしまって・・・
折を見て少しずつ整理することにします。まずは2005年。

2005/12
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」(12月10日)で車だん吉さん来訪

2005/10
川口市産業技術技能者顕彰「チャレンジ賞」受賞・川口名匠会入会

2005/05
「川口の名工 錫師」平成17年度全国広報コンクール映像の部1席入賞

2005/11/24HP公開


この年は、まさに錫光にとって衝撃の年、大転換の年でした。
なぜなら、実務的にはこの1年余り光山を頼らずに、なんとか2人で切り盛りしてきたものの、
5月半ばにその精神的支柱である師匠が亡くなってしまったからです。

悲しんだり落ち込んだりしている暇はありません。
今思えば、そういう気持ちを覆い隠すように、何でも積極的に取り組むように仕向け、
なんとかバランスを保つようにしていた2005年だったと言えそうです。

「2005/11/24HP公開」とありますが、
1999年に始めたHPをここで気分一新してという気持ちの表れだったと思います。


2005/05/19 読売新聞



2005/05/24  毎日新聞


地魚 鮨 天麩羅 「銀座 藤田」

あれは、7月の中旬頃だったか?
まさかこんな猛暑になるとは予想だにしなかったが、十分に暑い日だったと記憶している。

その数日前、電話の問い合わせ。新しく銀座に店を構えるのだが是非錫を使いたいので、商品を見せてくれとのことだった。

丁度近く都内の百貨店で製作実演をやるので、と誘導。大抵川口の便の悪い所より、交通の便の良い、しかも見やすく展示された場所に来られるものだ。

しかしこちらの大将、利便性など意に介さず、スタッフを連れて工房に行くと決め、予定の日を告げて電話を切った。

別段訪ねられても不都合はないが、随分と熱心な人だなあと思った。後で知ったことだが、野菜でも魚でも現場を見て仕入れるのが信条だそうだ。「でないとお客さんにちゃんと話せないでしょ。」とは後日談。

当日、来られたのは大将含め3名さん。まず工房でこんな風に作ってますという説明をし、座敷に上がってもらう。説明の最中にもこれかっこいいなあとか何やかや感動した様子。

その上「独立したら絶対錫を使おうと思って探してたんだ」とか「こういう仕事は残してもらわなきゃ困る」とか、完璧に褒め殺されてしまった。

リップサービスとはわかっちゃあいましたが、とにかく熱心なのでつい意気に感じたこともあり、6種類の品取り合わせて計60点余り、納期も厳しかったがお引き受け致した次第でごぜぇます。大分リーズナブルなお値段で・・・

          錫の酒器

結局、間に合うかどうかというところだったが、どうにか9月上旬に無事納品。

なんと、オープンは9月9日重陽の節句。錫光公式サイトリニュ−アルの日と同日。ご縁がありますなあ。(実は、うちの20回目の結婚記念日だったりするわけです。でへへ・・)

先日銀座に用事があったので、早速うちの陽山と2人でお店の方に寄せて頂きました。

お店の名前は、「銀座 藤田」さん。「地魚 鮨 天麩羅」のコース料理のお店。

銀座は8丁目で、中央通り博品館側の歩道からちょこっと入った地下1階。

お店の暖簾をくぐると、ヒノキの一枚板のカウンター。テーブル席も2席ほどあるようにお見受けした。

まだ新規開店の余韻を残すように、胡蝶蘭がいくつもいくつも所狭しと店内を彩っていた。ここの大将の人望だろう。前日までは入れない人もいたほどで、行った日はたまたま空いていたのでよかったと。今度来るときは前もって連絡してと釘を刺された。

おいしい肴をあてに、自分の作った錫で飲む。ビール、日本酒、焼酎一通りいただきました。
自宅でも錫はもちろん使うが、肴は違うし酒の中身も違う、格別です。

また大将が言う、「来るお客さん来るお客さん、これいいねって錫、褒めていかれますよ。これだけ思い切って錫で揃えてよかったよ。」と。

わかっちゃいるけど、また、最後の最後に褒め殺された・・・ちょいと酔いがまわっちまったかなあ。

               銀座藤田のれん
            * 銀座藤田 お問合せ電話番号 03−3572−5601


公式サイト・リニューアル

重陽の節句。

おめでたい陽の数、中でも一番大きな数が重なる日。

錫光公式サイトをリニューアルしました。 

人と人のつながり、支えられたリニューアル

リニューアルに当たり、複数の方々にご協力いただきました。
元々何をやるにしてもいつも周りの人たちに助けてもらって今があるわけなんですが・・・
その話はおいおい機会があったらってことにしますが。
この錫光公式サイト・リニューアルに限ってもって話なんです。
 
トップページを独自の感性や季節感で素敵に飾って頂くのは、
フラワーデコレーターとして活躍しておられるmocoさん。
無機質なイメージの錫に、不定期になると思いますが、彩りを添えて頂きます。
よろしくお願いします。
 
今回のその写真の中で、mocoさんに、菊酒のイメージを演出するための酒瓶を入れて頂きました。このお酒、ラベルに江戸の地酒とあるのがわかりますか。
東京23区唯一の酒蔵・小山酒造さんの丸眞正宗純米吟醸です。
荒川の橋のたもとにある小山酒造さんは、地元川口からは川向こうのお隣さんです。
あるイベントの利き酒の時もご協賛頂きましたし、今回も快くご承諾頂きました。
ありがとうございます。
 
取扱商品などの写真は私が撮っていますが、いずれも無機質なものばかりです。
そんな中、「錫光について」や「錫の歴史」ページ内で、温かみのある異彩を放った写真があります。「photo Mibu」とクレジットされたものです。かの舞山秀一氏のもとで修業し、満を持して独立・活動を始めた若手カメラマン壬生勇輔さんです。
力はあるが優しい目をした好青年で、このときはクラシカルな銀塩カメラで、
瞬間瞬間を大胆に切り取ってもらいました。
このまま手元に持っていてもモッタイナイのでお願いして掲載させて頂きました。
ありがとうございました。
 
まあなんと言っても今回全般にわたってお世話になったのは、COLZA DESIGNの皆さんです。
業者さんの選定に始まって、サイトの構成・デザイン、データの調整やアップロードはもちろん、世間の情勢や傾向なども丁寧に教えて頂きました。
袴塚さんには、当初から積極的に関り意思決定に必要な細かな調べ物などもして頂いたように思います。ありがとうございました。
野原さんには、女性的なキメ細かな対応をして頂きました。mocoさんとのコラボも野原さんのアイデアですし、上手にコーディネートしたのも野原さんです。
一番の収穫は、この機会に錫光のロゴマークを作ったことです。
オリジナルのロゴを持つちょっとした優越感みたいなものも確かにあります。
しかし何よりも、ちょっとマンネリ化した厚く積もったほこりを振り払い、
新たな気持ちで将来に向けてリスタート出来たことが最大の効用であると思います。
まだいくつかの案件お手伝いいただかなくてはなりません。
よろしくお願いします。
 
というわけで、大変長くなりましたが、リニューアルに当たって色々とお世話になったという話でした。



プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集