越後の味“吹雪”(ふぶき)

新潟へ出張の時は、うまく時間が取れれば伺うようにしている創作料理のお店がある。
新潟駅万代口を出て、ほど近い中央区弁天にお店がある。「越後の味 吹雪」だ。



あれはもう何年前になるんだろうか?

先代の光山がまだ健在の時、新潟の百貨店の職人展におそらく初めて伺った時だった。
その時は確か、光山が前半の3日間、途中交代で後半を私が受け持ったと記憶している。

吹雪のご主人が錫に目を掛けて頂いたのは、この時。光山と話をさせて頂いたらしい。
2、3日後その催事の会期中に、私が担当の時にもう一度ご来店頂いたと思う。

私が錫の説明をするまでもなく、既に光山の話に強い関心をもってくださり、
父の人柄や作品に、おほめの言葉をいただいた。ことに絵柄の入った漆塗りのものよりも、
ツチメのシンプルなものをお気に召され、追加をお求めに再来店されたのだ。

細身で眉のキリリと太い意志のお強そうなところを感じたが、にこやかに優しく目を細めながら
お話して頂いた事をよく覚えている。このツチメがいいよねえ、いいよねえと何度も何度も
おほめいただいたので、本当に心底気に入ってもらえたんだなあと大変うれしかった。

実は本当に錫に惚れこんでしまう人は、漆を施さない、ツチメ柄程度のシンプルな、
錫色そのものを好まれる傾向があり、流石わかってらっしゃると思ったのだが、
後になって、こちらのご主人抽象画をお書きになる芸術家であり、お店の方も
輪島塗や古伊万里などこだわりの器で肴を盛り付けてくれる通人と知り、
なるほどと思ったのである。

ところでその時の追加でお求めになられた理由。
この前に持ち帰りおかみさんに披露したところ、自分のだけなのかと言われて
お忙しい中買いに来て頂いたのである。ホント、気のお優しいご主人なのである。



入ってすぐのところは座敷で座卓が4つぐらいあったろうか。
奥にカウンターがあり、カウンター内の壁面にはご主人の作品が掛っている。



座敷から変わらぬ高さがカウンターの腰掛のところまで伸びており、
少し高く孤立した腰掛とカウンター下の小さな段差が、座るのにちょうど心地よい高さに
調整されている。カウンターテーブルと丸い腰掛との距離も絶妙で、ゆったりとくつろげる。





酒の肴は、芸術家肌のご主人の創作料理で、伊万里の器などに盛られて供される。

詳しくは、「越後の味 吹雪」さんまで → 雪花の小部屋

ちなみに、錫光の一口ビールやぐい呑みで、ビールやお酒も召し上がれます。

こちらで初めて錫を使ったお客様が、埼玉まで買いに来て頂く事も2度3度ではありません。
ビールをご注文のお客様の中には錫をご指定される方もいらっしゃるとか。

いくら店頭で錫の良さを懸命にアピ−ルしたところで、
実際に使って実感して頂く事にはかないませんね。吹雪さんありがとうございます。
またお邪魔させて頂きます。


プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集