埼玉県物産観光館「そぴあ」

 大宮駅の西口に、大宮ソニックシティという高層ビルがある。

大宮の西口というと、はるか遠い昔の記憶では、東口の華やかさに比べ
昭和の雑踏を感じさせる小さな商店が立ち並ぶ地味なイメージがうっすらと残っている。

失敬!私の幼いころの遠い昔の記憶で、40年以上前の脳内の残像で、
何かほかのところと混同してしまっているやも知れぬ。失敬!失敬!

とまれ、駅前にそごうさんや家電量販店はなかったと思うし、
大宮ソニックシティビルも例外ではない。急速に開発された地であることは間違いない。



そして、またまた記憶があいまいで恐縮だが、たぶん15年以上前からここの地下1階、
埼玉県物産観光館「そぴあ」というお店に錫製品を置かせて頂いている。



東京に近すぎるせいか目立たないが、小川和紙や桐製品、人形などの伝統工芸を
はじめ、特色ある食品も多数あり、なかなか捨てたもんじゃない。

県外の人は、埼玉都民という造語が象徴するように、埼玉は東京の補完、的な見方をし、
県内の人も、他から移り住んで来られたり、便がいいので出かける先は東京という感じで、
愛着がいまいち薄いのかもしれない。厳しい状況もあったと思う。

そんな中にあって、「そぴあ」さんは、年々売り上げを伸ばしていると聞く、
元からしっかりとした実力はあると思うので、広報さえ上手に出来ればなどと
関係する方々のご苦労も知らずに勝手に思い込んでいるが、あながちウソではないと思う。

私のところは、「元からしっかりとした実力がある」という範疇には属さないが、
ここ2,3年はご連絡を頂く事も徐々に増えてきている。

店長のHさん初めスタッフの皆さんが一生懸命にやって頂いているおかげであるが、
こちらに売り場に神経がいっていなかった感があったので反省し、少しずつ工夫をしている。



店内に入って右にレジ、そこから奥に向かってダルマさんや市松人形が見える。
その市松人形の下のガラスケースの中にスペースを割いて頂いている。



やはりここは主力は食品であり、お土産的にお買い求めの方が多いと聞いている。
そこで干支の根付などお求めやすいものを置くようにしてみたのだ。

ぐい呑みや一口ビールもお求めいただけることも多く、
錫光にとって大変ありがたいコーナーとなっている。

    干支根付 十二支          各税込1,890円
    袋入り盃               税込3,990円
    RING赤と黒(箸置きぺあ)      税込3,780円
    ぐい呑み               税込5,250円より
    一口ビール              税込10,500円より

店員の方にお声をかけて頂ければ、施錠を解除して手に感触を確かめて頂くことも可能です。
是非一度お立ち寄りくださいね。



プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集