地魚 鮨 天麩羅 「銀座 藤田」

あれは、7月の中旬頃だったか?
まさかこんな猛暑になるとは予想だにしなかったが、十分に暑い日だったと記憶している。

その数日前、電話の問い合わせ。新しく銀座に店を構えるのだが是非錫を使いたいので、商品を見せてくれとのことだった。

丁度近く都内の百貨店で製作実演をやるので、と誘導。大抵川口の便の悪い所より、交通の便の良い、しかも見やすく展示された場所に来られるものだ。

しかしこちらの大将、利便性など意に介さず、スタッフを連れて工房に行くと決め、予定の日を告げて電話を切った。

別段訪ねられても不都合はないが、随分と熱心な人だなあと思った。後で知ったことだが、野菜でも魚でも現場を見て仕入れるのが信条だそうだ。「でないとお客さんにちゃんと話せないでしょ。」とは後日談。

当日、来られたのは大将含め3名さん。まず工房でこんな風に作ってますという説明をし、座敷に上がってもらう。説明の最中にもこれかっこいいなあとか何やかや感動した様子。

その上「独立したら絶対錫を使おうと思って探してたんだ」とか「こういう仕事は残してもらわなきゃ困る」とか、完璧に褒め殺されてしまった。

リップサービスとはわかっちゃあいましたが、とにかく熱心なのでつい意気に感じたこともあり、6種類の品取り合わせて計60点余り、納期も厳しかったがお引き受け致した次第でごぜぇます。大分リーズナブルなお値段で・・・

          錫の酒器

結局、間に合うかどうかというところだったが、どうにか9月上旬に無事納品。

なんと、オープンは9月9日重陽の節句。錫光公式サイトリニュ−アルの日と同日。ご縁がありますなあ。(実は、うちの20回目の結婚記念日だったりするわけです。でへへ・・)

先日銀座に用事があったので、早速うちの陽山と2人でお店の方に寄せて頂きました。

お店の名前は、「銀座 藤田」さん。「地魚 鮨 天麩羅」のコース料理のお店。

銀座は8丁目で、中央通り博品館側の歩道からちょこっと入った地下1階。

お店の暖簾をくぐると、ヒノキの一枚板のカウンター。テーブル席も2席ほどあるようにお見受けした。

まだ新規開店の余韻を残すように、胡蝶蘭がいくつもいくつも所狭しと店内を彩っていた。ここの大将の人望だろう。前日までは入れない人もいたほどで、行った日はたまたま空いていたのでよかったと。今度来るときは前もって連絡してと釘を刺された。

おいしい肴をあてに、自分の作った錫で飲む。ビール、日本酒、焼酎一通りいただきました。
自宅でも錫はもちろん使うが、肴は違うし酒の中身も違う、格別です。

また大将が言う、「来るお客さん来るお客さん、これいいねって錫、褒めていかれますよ。これだけ思い切って錫で揃えてよかったよ。」と。

わかっちゃいるけど、また、最後の最後に褒め殺された・・・ちょいと酔いがまわっちまったかなあ。

               銀座藤田のれん
            * 銀座藤田 お問合せ電話番号 03−3572−5601



プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集